ワクワクメール

ワクワクメールで『条件なし』の大学生(嘘)をアパホテルでタダマンできた(笑)

ワクワクメールで『条件なし』の大学生(嘘)をアパホテルでタダマンできた(笑)

まさかの条件なし!?の女の子した(笑)

とりあえず、送られてきたメッセージのやりとりを見てください。

 

 

なんか違和感を感じません?(笑)

『大人希望』なので、また営業メールかよって思ったら、“条件がない”しメッセージのやり取りがやたらと丁寧。。

しかも、ちゃんとした日本語で会話ができているので、よくある業者ではないことは間違いありません。。

この女の子は純粋なヤリマンってことなのかな!? もしくは会った時に金銭要求されるパターン?? でも、会って決めてOKっていてるし。新手の詐欺なのかな??
この女の子はまだ慣れてなくて、条件提示するの忘れちゃったパターンじゃない?? 文脈から一生懸命さが伝わってくるもん。

確かにそうですね。

お願いされてる感が伝わってくる可愛いらしいメッセージです。(笑)

 

僕は熟女専門にマッチングアプリを利用していますが、こんな感じの良い子なら会ってみるのも悪くないですよね。

メッセージの印象と違う子が来れば、断ればOKだし、もし何かあれば走って逃げればいいだけ。(笑)

ということで、会うことにしてみました。

 

今回お会いしたのは自称22歳大学生(あとで嘘だと発覚…)の七海ちゃん。

七海ちゃんからメッセージを受け取ったのは『ワクワクメール』でした。

≫【無料】ワクワクメールでセフレを探す
※18歳未満はご利用できません。

『条件なし』のまま22歳大学生とアパホテル近くの駅前で待ち合わせ

これがマジでただのヤリマン”女子大生だったら、めちゃめちゃラッキーですよね!!

でも、たぶん条件言うのを忘れただけでしょうけど。。

 

さて、事前にアパホテルに予約をしておき、夜19:00に新幹線が停まる大きな駅前で待ち合わせすることになりました。

Go to トラベルでアパホテル1泊2500円くらいです。立地や清潔面を考えればラブホよりもおススメですよ。

 

てか、実際に会ってみてから決めるとは言ったけど、よっぽど生理的に受け付けない容姿の女の子が来ない限りは、ホテルにお連れしようと考えていました。(笑)

だって、部屋暗くしてバックでイクなら容姿ってあんまり重要じゃないと思いません!? (笑)

性格ブスより容姿ブスのようが、楽しいセックスができるのは間違いありませんよ(許容範囲はありますけど…)。

 

待ち合わせ時間19:00。

中央出口を出てすぐの時計台の下で待つ僕。

19:05… 来ない。

ん?

もしかして、すっぽかされた?

もし、来ない気でいるならメッセージを送ってもしかたないので、そのまま待つことに。
※LINEは交換しまいせん。

19:12… お?

なんか、それらしき女の子が1人携帯を見ながらキョロキョロしています。。

たぶん間違いないだろうと思い、ちょっと勇気を出して声をかけてみました。

 

「あの、七海ちゃん?」

「あ、はい! 遅れてしまってごめんなさい!」

「いえいえ。始めまして。」

「あ、初めまして!」

 

なんだか、面接にでも来たかのように緊張してハキハキしている女の子です。(笑)

最近の大学生ってこんな感じだっけ?っと思うほど、自分が大学生だった頃が昔に感じてしまいます…。

いや、本当に大学生??(笑)

 

七海ちゃん(仮名)の特徴

– 年齢:22歳 (→ 26歳でした)
– 職業:大学生 (→ 働いていました)
– 身長:155cm
– ルックス:普通
– 性格:従順タイプ
– 趣味:???
– その他:タダマン(笑)

 

「ごめんね、緊張してる?」

「あ、はい。会ってくれてありがとうございます。」

「いいえいえ、メッセージくれてありがとうね。」

「はい。」

「…」

「…」

「えっと、、ホテル行く?」

「はい。」

 

最近の若い子は、こんな普通っぽい子でも、知らない男とホテル行くのか、、この先の日本が心配にしなります。

ほぼ無言で歩くこと、2分。

予約したアパホテルは、入り口からフロント前を通らずにエレベーターへ上がれるタイプなので、ちょっと安心。。しかもこの時間帯はチェックイン手続きのお客さんも多くて、スムーズにホテルインできました。

知らない女の子とエレベーターで二人っきり。

 

「大丈夫?」

「はい。。ごめんなさい、。緊張して。」

「大学生?」

「あ、はい。。」

「ん?」

「ごめんなさい、大学生ではないです。働いてます。」

「あ、そうなんだ。(笑)」

「26歳です。。すみません。」

「全然いいけど。大学生って言った方があってくれる人多くなる?」

「はい。大学生ブランドってあるみたいですね。(笑)」

「そうなんだ。僕、熟女好きだから、大学生でも26歳であんまり変わらないけどな。(笑)」

「え、そうなんですか。。どうして?私…」

「メッセージくれたし、せっかくなので会ってみようかなって。(笑)」

 

エレベーターの中で暴露話を終え、ちょっと緊張がほぐれたところでルームイン。

ちなみに、万が一のことがない様に、財布などの貴重金は、大浴場の貴重品ボックスに入れておきました。

 

「荷物、適当においてね。」

「あ、はい。あ、あの…」

「ん?」

「イチゴ―でもいいですか?」

「え?」

「え?」

「いや、そういうつもりだったの?」

「え?いや、条件付きで…」

「え?ごめん、ちょっとそれは聞いていないけど。」

 

まさか!?的な演技をしつつ、アプリ内のメッセージを開いて、条件が提示されていないことをもう一度確認。

 

「ごめん、、条件とかなにもなかったから、単純に大人の関係と思って会ったんだけど。」

「え?あ、、あぁ…」

「…」

「あ… ごめんなさい… 私のミスですね。。」

「いや…」

「…」

「ごめん、、現金は持ってないから、ちょっとそういうのは無理なんだけど…。」

「あ、すみません、、」

 

気まずい雰囲気が流れてています。

アプリ内のメッセージを何度も確認している様子の七海ちゃん。

 

「もし、そういう関係が希望であれば、また会った時にでもいいけど。」

「また会ってくれますか?」

「うん。良い子そうだし。でも、せっかくだから今日もセックスしたいけど。(笑)」

「あ、はい。。」

「する?」

「あ、はい。今日は私のミスなんで、せっかくホテルも用意してくれているし。」

「よかった。(笑) そのまま帰られたらこの部屋どうしようか困るね。(笑)」

「はい。。」

「シャワー浴びる?先に入ってきていいよ。」

「はい。じゃ、、」

「タオル、適当に使ってね。」

「はい、ありがとうございます。」

 

予想通りの条件言い忘れただけっていうオチでしたね。(笑)

しかし、今日は条件なしでもOKということに。つまり、タダマンです!!

ただ、大学生ではないですが、、熟女好きの僕からすれば、22歳も26歳も変わらないのでOKです(笑)

≫【無料】ワクワクメールでセフレを探す
※18歳未満はご利用できません。

【タダマン】次回も会う約束で『条件なし』でセックスOK

ということで、26歳の女の子と大人の関係になりそうです。

条件ありでマッチングアプリしている人って、男を見下していて性格が悪い印象がありましたが、七海ちゃんは全くそんな感じではありません。

普通の女の子です。

むしろ、普通にセフレにしておきたい。。

しかも、鞄を部屋においたまま、シャワーを浴びにいった七海ちゃん。

ちょっと不用心すぎる気もします。

しかし、、急に、ちょっとした不安がこみ上げてきました。。

もしかして、これって美人局?いかにも天然?っぽい素振りを見せておいて、僕がシャワーを浴びに行っている時に、男性を部屋に連れてくるとかないですよね…。
すべて作戦かもね。鞄を置いていったのもわざとカモよ!?お前盗んだだろ!!って言いがかりをつけて金を要求されるってこともありえるな。

普通に女の子ととタダマンできるなんて、こんなおいしい話なんてあるわけない!?

もしかして、すでに外部へ連絡済み!?

 

ちょっといろいろ不安になってしまい、その場を立ち去りたくなりましたが、部屋を予約しているのは自分だし、逃げようがありません。。

 

「そうだ、突撃しよう。」

 

そう思って、服を脱ぎ、七海ちゃんのいるシャワールームへ。

一緒にシャワーに入って、一緒に出てくれば、仮に外部の人を呼んだとしても、部屋を空けない限りは何にも起きないはず。つまり、七海ちゃんと1人にしなければ大丈夫じゃん!?

 

「一緒に入ってもいい?」

「え!? あ、、え!?」

 

動揺する七海ちゃんを無視してバスタブに突入!

シャワーを浴びながら両腕でおっぱいを隠して後ろ向きになる七海ちゃん。

普通に仕草が可愛い。。

パッとみた様子だと、携帯持って入ってはいないようだし、怪しい素振りもない。

もし、美人局なら、そもそもシャワーを浴びていないはず。。

 

「背中流そうか?(笑)」

「あ、はい。(笑)」

 

ボディーソープを手に取って、七海さんの背中に塗りたくる。

ぽっちゃりではないけど、細身でもない The 標準体型って感じの体付き。

おっぱいもそんなに大きくもなく、体つきの特徴はほぼなし(笑)

ただ、やっぱり20代って肌が綺麗。

 

「前向いて。」

「あ、はい。」

「腕。(笑) ばんざーいってして。」

「えー…恥ずかしい。。(笑)」

「はい、ばんざーい!」

「…(笑)」

「ばんざーーい!」

「ゔ…」

 

と、ゆっくりと腕を上げる七海ちゃん。

露わになったおっぱいを舌から持ち上げる様にボディーソープを塗りたくっていく。

もちろん、僕のおちんちんは勃起状態。

 

「大丈夫?」

「はい。。」

 

七海ちゃんを抱き寄せて、抱き合いながら背中を両手で洗いながらお尻の割れ目まで、いやらしさゼロで体を洗っていると、僕の勃起したおちんちんをチョコチョコっと触り始める七海ちゃん。

がっつり握って欲しいけど、指で優しく摘まむ程度にしか触ってくれません。。

 

「はい。もう一回クルっと回って。」

「はい。。」

 

今度は後ろから抱き着き、両手でおっぱいを持ち上げながら乳首を摘まんでみる。

 

ゔっ…

 

シャワーの音にかき消されてしまいそうなボリュームの声が七海ちゃんから聞こえてくる。

性感帯を触るとスイッチが入っちゃう系のタイプっぽいですね。

さきほどまで、恥ずかしがっていたのに。(笑)

そのまま、シャワーを浴びながら後ろから抱き着いた状態で、片手を股間へ。

 

「ここ、洗ったっけ?」

「あぅ… まだです。。」

 

ボディーソープをワンプッシュ手に取って、七海さんの陰毛で泡立てる様にモミモミしながら、ボディーソープでヌルヌルした手を股へ滑り込ませながら、陰部の割れ筋をナデナデ。

 

「ここ、あとで舐めるから洗ってもいい?」

「はぃ…あ゛ぁっ…」

 

不意をついて、乳首をコリっとちょっとだけ強く摘まむと、七海ちゃんの腰がガクってなりました。

さっきまで、美人局の心配をしていたこともすでに忘れてしまい、今は七海ちゃんのクリトリスをどのタイミングで触ろうか、ということしか考えていません。

七海ちゃんの股間をゆっくりしたから持ち上げる様にさすっていた手を、徐々に割れ目の中へと入れていく。

さりげなく、中指を割れ目に沿って下から持ち上げる様に内側に入れ、そのままクリトリスを探りあてる…。

 

あはぁっ んぁ…

 

中指を割れ目に入れて、2往復目のタイムんぐでクリトリスにヒット!?

七海ちゃんから喘ぎ声が漏れ出しました。

 

あはぁっ

んぁ…

うぁん…

 

あっ

 

あっ

 

 

ぁっ…

 

「気持ちい?」

「はい…」

「舐めてくれる?」

「はい…」

 

シャワーでちょっと火照った様子の七海ちゃん。

顔が赤くなっています。

両手でスリスリしながなおちんちんを握り、バスタブに膝をついて、パクっ。

咥えた瞬間に分かる、フェラ慣れした感じのテクニック。

外見は普通でウブっぽい女性でも、フェラが上手いって全然珍しくありませんよね。

逆に、美人で高飛車っぽい女性ほど、下手くそだしフェラしたがらなかったりすることも多い。。

たぶん、男性に尽くしたことがあるか、ちやほやされてきたのかの違いだと思うんですが、どうでしょう??(笑)

シャワーが目に合いらない様に、目を閉じながらフェラチオする七海ちゃん。

両手は僕の腰を掴み、自らノーハンドフェラをしてくれています。

 

「部屋いこっか?」

「はい。。のぼせそう。(笑)」

「ごめん。(笑)」

 

バスタオルで軽く体を拭いてベッドへ。

僕が先に寝ころび、七海ちゃんを手招きすると、なにやらモジモジした様子…。

 

「すみません、、電気消してもいいですか?」

「あ、うん。いいよ。」

 

“パチッ”

 

「暗っ。(笑)」

「ベッドライトだけつけとこうか。」

「はい。」

 

枕元にあるベッドライトをつけて、光量を絞ると、それだけで雰囲気が作れちゃいます。

七海ちゃんがそっとベッドに入ってきました。

 

「上に乗って。」

「え?上ですか。(笑)」

 

七海ちゃんを僕の体の上にのせて、抱き合うような姿勢でキス。

勃起したおちんちんの先っぽが、七海ちゃんの際どいところに接触しそうな体勢で、キスを続けます。

でも、ちょっとキスを嫌がっている?感じが…。

口を開くこともなく、舌を絡めることもなく、遠慮がちにちゅっちゅってするだけ。

フェラはそんなこともなかったけど、キスにた抵抗があるタイプなのかな??

 

「また、フェラしてくれる?」

「はい。」

 

スルスルと下半身に降りていき、四つん這いの状態で勃起したおちんちんを握り、確かめる様に上下に軽くしごきながら先端部分をチュッとする感じで唇を付けました。

 

チュッ

チュッ

 

唇へのキスは躊躇気味だったのに、おちんちんへのキスは抵抗がないっぱい。(笑)

口が臭かったのかな…。

 

チュッ

 

しばらく亀頭にチュッチュした後、両手で陰毛を押さえつける様にして、深く咥え始めました。

それからはゆっくりとしたディープストロープ…。

普通にうまい。

 

「七海ちゃんって風俗で働いてる?」

「え?働いてはいですよ。」

「なんでそんなにフェラ上手いの?」

「うふふ。」

 

ちょっと嬉しそうに笑って、さらに奥まで、根本部分まで咥えようとしています。

そして、ゆっくりと吸い上げると同時に、陰毛を抑えていた手が再びおちんちんを握りしめ、ゆっくりとした手コキをし始めました。

バキュームフェラで上下する首の動きに合わせて、手コキも一緒に動くテクニック。

 

「あぁ…マジでうまい。。」

「気持ちいですか?」

「うん。」

「大学生の頃に彼氏に教わりました。(笑)」

「それだけでこんなにうまくなる?」

「あと、AVとか見て勉強しました。(笑)」

「すごい、勉強熱心だね。」

「うふふ。初めは彼氏にAV見せられて、こんなフェラして欲しいって言われて。」

「勉強しつつ、彼氏で実践経験を積んだんだね。(笑)」

「はい。」

「いまでもフェラ勉強してるの?」

「してないです。 最近はレズ物にハマってます。(笑)」

「そっち系?女の子ともする?」

「しないですよ。(笑) 見るだけです。」

「3Pとかはしたことある?」

「うーん、、3Pではないですけど、4人で宅飲みしている時に、そのうち2人が始まっちゃって、じゃこっちもやろっか的な感じになったことはあります。(笑)」

「すごい、シチュエーションだね。(笑)」

「結構、そういうのありますよ。(笑)」

「ほんとに!? やばいね。。」

 

最近の若い子って、乱交みたいなグループセックス?的なことを友達どうしでもしてるってことなのかな?

てか、友達同士でもセックスしちゃうって、乱れてますよね。。(笑)

 

「一緒にやる人とかいないの?」

「え?何をですか?」

「マッチングアプリで友達と一緒に3Pとか。」

「マッチングアプリしている友達はいますが、一緒にするってことはないですよ。(笑)」

「ないの?呼んでくれたら行くけどな。(笑)」

「本当ですか?(笑)」

「うん。」

「ちょっと友達に相談してみます。(笑)」

「うん。(笑)」

 

フェラ中のおしゃべりが弾んでしまい、気付けば絞れ気味のおちんちん。

七海ちゃんはずっと握ったまま、ゆっくりと動かしていました。

 

「69しよ。」

「あ、はい。」

 

七海ちゃんは一度起き上がり、後ろを向いて僕の上にまたがりました。

 

「もうちょっと上に来て。」

「はい。。」

 

僕は七海ちゃんの腰を両手でつかみ、顔の位置まで引き寄せ、両腕で腰に腕を回して、がっちりホールド!

これで、七海ちゃんがもがいても、僕の口とクリトリスが離れることはありません。(笑)

ベッドライトで照らされる七海ちゃんの陰部は、ピンク色で綺麗。ほぼ、無味無臭。

クリトリスに付きつくように、唇を陰部に密着させ、舌を使って愛撫。

七海ちゃんも先ほどと同じように、手と口を使ってそれに応えてくれます。

 

あ゛ぁっ 

あっ ゔっ… うっ…

あ゛ぁっ あっ ゔっ… あっ…

 

フェラ中に聞こえてくる喘ぎ声。

その声が徐々に大きくなるにつれて、フェラが中断され手コキもストップします。

 

「挿れていい?」

「あ、はい…。」

「ゴム持ってる?」

「はい。。」

 

鞄からゴムを取り出した七海ちゃんをベッドに仰向けに寝かせ、両足をM字に広げた状態で、僕はコンドームを装着。そして挿入。

 

 

タダマン。。

いただきました。(笑)

 

 

射精後、トイレで使用済みコンドームを処理し部屋に戻ると、七海ちゃんは帰り支度を始めていました。

 

「電車だよね?」

「はい。」

「泊っていってもいいけど。(笑)」

「大丈夫です。帰ります。(笑)」

「改札まで送るよ。」

「いいです。1人で大丈夫ですから。」

 

そう言って、すぐに帰りたがる七海ちゃんに、せめてもの電車代を渡しました。

 

「ありがとうございます。」

「また連絡してもいい?」

「はい。でも、次は…」

「うん。いちごー?」

「あ、はい。」

「了解。気を付けてね。」

「はい。ありがとうございました。」

 

部屋に来てから1時間半もしないくらいで、七海ちゃんは帰っていきました。

とりあえず、美人局や業者ではなかったです。(笑)

タダマンならまた会ってみたいけど、正直言うと、“熟女”デリヘルを呼んだ方が良いな。。

もしくは、3Pをセッティングしてくれるなら。
※未経験なので。。

≫【無料】ワクワクメールでセフレを探す
※18歳未満はご利用できません。