PC MAX

PCMAXで見つけたヤリモクNGの44歳既婚女性と即日セックスした体験レポ

PCMAXで見つけたヤリモクNGの44歳既婚女性と即日セックスした体験レポ
  1. PCMAXで見つけた44歳既婚女性と飲みデート&即日セックス。
  2. 手コキのプロ!?メンズエステのサービスを堪能(→ お店への勧誘目的?)
  3. PCMAXでセフレを見つけるには”コツ”がある。

セックスレスに悩む主婦・人妻と、エッチしたくたたまらない若い男性がマッチングすれば需要と供給が満たせるし、フェアな関係になれるのでは?

つまり、エッチしたい&セフレが欲しいなら熟女を探そう!

すでご存知かもしれませんが、既婚者のマッチングアプリ利用率は高いです。特に、子供にそこまで手が掛からなくなった40代の主婦・人妻は積極的に出会いを求めています。。

つまり、セフレにするなら40代既婚者が狙い目です。

今回は、既婚女性が多く利用していることで有名なPCMAXで見つけた44歳の既婚女性のまみさん(仮名)と飲みデート&即日セックスした体験レポです。

ちなみに、彼女はメンズエステに勤務するセラピストでした❤

PCMAXで見つけた44歳既婚女性はセラピスト!?
➪手コキのプロです

そもそもセラピストって何!?ってところなんですが、まみさん曰く、健全なオイルマッサージであるとのこと。。

でも、勤務時間が深夜~朝方だったり、不定期だったり…。

やっぱりエッチなやつじゃないの!?という疑いを持っていましたが、失礼かなと思いこれ以上深掘りすることなはせず。。

でも、どうしても気になるセラピストという職業…。

YouTubeで調べてみると…

風俗よりエロい!!

でか、やばい!

マッサージしてもらう約束までしてしまったけど、お店への勧誘じゃないよね!?

まさか、普通にデートと思ったら、そのままお店に連れていかれる感じのやつ!?

もしかして、PCMAX経由でメンズエステ予約しちゃった!?

という不安をいだきながらも、お会いすることに💦

≫【無料】PCMAXで熟女を検索してみる
※18歳未満はご利用できません。

ヤリモクNGでは!? 44歳既婚女性と飲みデート後にそのままホテルイン!

以下のような感じですぐに会う約束ができました!

LINEを交換してくれた時点でほぼOKですよね。

ちなみに、まみさんのプロフィールには「セフレや、体の関係重視は望んでいません!」と書いてあったはず。

でも…期待大❤

というか、すでに書いちゃっている通り、飲みデート&即日セックスOKでした❤

ちなみに、事前に好感していた写真がこちら↓

なんか…44歳にしてはだいぶ若く見えるので、当然加工されているのでしょう。(笑)

そのあたりは、気にしません💦

 

さて、土曜日の夜21時に待ち合わせ。

セラピストの仕事がいつも夜勤のため、夜待ち合せのほうが家を出る時に都合がいいとのことで、遅めの時間の待ち合わせになりました。

夜勤といって出てきてるんだから、帰るのは朝にならないとおかしいですよね。つまり、今夜はお泊り確定です!

この日のプランは軽く飲みデートをした後に、待ち合わせ前にチェックインしておいたお店の近くのビジネスホテルへ連れ込む計画。

これまでのLINEのやり取りから考えて、お持ち帰りOKのパターンであることは間違いありません❤

しかも44歳という熟女好きにはドンピシャの年齢で、オイルマッサージが得意!って。(笑)

セフレにするならこれ以上に条件の良い女性はいませんよ!?

 

待ち合わせ前、僕は近くのスタバで時間つぶし。

20時40分ころ「早く着いちゃった(笑)」とまみさんからLINEがありました。

待ち合わせ時間の20分前!? スタバに待機していてよかった。

「スタバで時間つぶしてたのですぐいきますね~」と返事をしてお店を出ようとすると、

 

「サクタロウさん?」

 

とスタバを出たところで、同じタイミングで出てきた女性に声をかけられました。

 

「あ、はい。まみさん?」

「あ、はい。そうです。スタバにいたんですね。(笑)」

「あ、始めまして。同じ場所にいたんですね。(笑) いつからいました?」

「10分くらい前です。あはは」

 

なんと、すでに同じ空間にいたとは!? 気付きませんでした。

そのまま、近くのこじんまりした居酒屋に移動。

土曜の夜ということもあり、薄明かりの店内は賑わっているようですが、個室間取りのため、どれくらいのお客さんがはいっているかわかりません。ただ、賑わっている声は聞こえてくる…。

案内された席はL字型に座る感じの小さ目の個室。

 

「予約しててくれたの?」

「はい。まみさんを個室に連れ込もうと思って。(笑)」

「いやんっ もぁ~」

 

という感じで僕の腕をつかんで甘える44歳。おばさんのこうした仕草が可愛い。
※おばさんは失礼!?

 

「なに飲みますか?」

「どうしようかな。とりあえずウーロン杯で。」

「じゃ、僕はビールで。」

 

と言う感じで始まった飲みデート。ごく普通の年の差カップル。(笑)

とりあえず適当に注文した後、まみさんの左手がずーっと僕のひざの上に置かれている。会話の途中で笑うたびに僕のひざをすりすり…。

あの…すでに勃起しちゃってます。。

 

「ずっと気になってたんですが、セラピストって何をするんですか?」

「オイルマッサージよ。風俗じゃないからね。(笑)」

「あ、はい。(笑) でも、結構きわどいとこ責めたりします??」

「触ったりはしないけど、うち太ももとかがっつりもみほぐしたり、上に乗っかっちゃったりはするかな。でも健全なマッサージよ。(笑)」

「男性は裸?」

「ううん。紙パンツ履いてもらってるし、タオル掛けているから見えない(笑)」

「でも、勃起しますよね?」

「うん。(笑) 大きくならない人いないかも。」

「やばい…」

「サクタロウくん、おっきくなってない?(笑)」

「あ、いや… そんなとこすりすりされたら、なっちゃいますよ。生理現象!」

「ふふふ。健全な証拠ね。(笑)」

 

きわどい!? というか完全に勃起させる気まんまんのぎりぎりのボディータッチをして楽しんでいるまみさん。

お酒も飲んでるし、このあとお店に連れていかれることはなさそうです。(笑)

約1時間半~2時間弱くらいの間、僕はおちんちんは勃起したり収まったりを繰り返しながら、まみさんの仕事の話や旦那の愚痴などを聞いて、楽しい時間を過ごしました。

この間、まみさんは一度も僕のおちんちんを触っていません!! 勃起していると知りながらも触ることなく、きわどいボディータップを続けていました。

もしかして、遊ばれているだけ?(笑)

 

「この後どうします?? 近くにビジネスホテルとってますけど、もし帰るならそろそろ終電じゃないですか?」

「仕事って言って出てきてるから、大丈夫よ。(笑)」

「じゃ、ホテル行きます?」

「ふふふ。マッサージして欲しいんでしょ?」

「はい。そろそろイカせてほしいです。。」

「あはは。そんなに我慢してる!? 私何もしてませんけど。(笑)」

「感じやすい体質なんです。」

「あれ?Sじゃなかったっけ?」

「あ…」

 

こんな感じで、予定通りホテルに連れ込むことに成功!

僕のこれまでの経験上、飲みデートOKの熟女はエッチOKで間違いありません。100%とは断言できませんが、80%はOKです。

予約しておいたホテルはデリヘルが呼べるビジネスホテルなので、同伴者がいてもロビーで止められることはありません(一人宿泊予約なのでちょっと心配)。

まみさんと腕をくんで堂々とロビーを通過してエレベーターへ。

エレベーターの扉が閉まった瞬間、まみさんを抱いてキス。

まみさんも、僕の首に両腕を回してキスを返してきます。2,3回ちゅっちゅした後、真美さんの口に舌を絡めてのディープキス。

お互いの舌を味わうかのように密着したままの唇を開いて舌を絡め合います。

そうこうしているうちに、部屋のある6階に到着。

キスを中断してエレベーターをおり部屋に入ると、かばんをベッド横のデスクにおいて、上着を脱ぎ、再びキスをせがんでくるまみさん。

そのままベッドに横並びに座って、むさぼるようなキスを交わしながら、僕の手はまみさんの胸を揉んでいました。

出会ったから2時間ちょっとで、こんなにも熱いキスを交わしているって、普通に考えれば非現実的な体験です。※デルヘルではありません。

そのままの流れてまみさんをベッドに押し倒し、馬乗りになってキス、そして首筋を舐めるように織的、鎖骨から胸元にキスしつつ、両手は真美さんの服をまくり上げてブラジャーの上からおっぱいをわしづかみ…。

お世辞でも大きくはないまみさんのおっぱいを揉みながら、人差し指はブラジャーの内側へ… そして乳首を探り出します。

 

あぁ…

 

乳首を刺激するのと同時に、まみさんからこぼれる吐息のような喘ぎ声。

そして、服を首までまくり上げて、ブラジャーをずらして勃起した乳首を露(あら)わにし、吸い付くように舐め回しました。

くちゅくちゅと音を立てて乳首を舐め回し、左右の乳首を交互に吸い上げるように愛撫。

 

はぁはぁ…

んあぁっ

あぁうぅぅ…

 

まみさんは僕の頭を両手でつかみ、首筋を伸ばして感じています。

 

「あぁっ… ねぇ… お風呂… あぁはぁ…」

「…」

「サクタロウ君、お風呂… んっ…」

「…」

 

しばらくまみさんの声を無視して、乳首を堪能していました。

熟女の勃起した乳首以上にエロいものってないと思いません!? ややしぼんだ?たるんだ?おっぱいだけど、乳首は刺激を与えるとクリクリっと硬い突起物になるって。

まじでエロい…。

 

「サク…くん… あぁっ…」

「どうしました?(笑)」

「ちょっと…いじわる…」

「え?」

「お風呂はいらない?」

「….」

「あぁんっ…」

「…」

 

まみさんの腰がビクンッビクンッと動くようになり、乳首イキしそうな感じになってきたので、そのままの流れでスカートをまくり上げて、パンツを一気に脱がしました。

 

「いやんっ ちょっと… え!?」

「…」

 

膝までパンツを下ろしたまま、両足を持ち上げて丸見えになった陰部に顔をうずめました。

スカートをまくり上げてから3秒程度の早業!!

 

「あっ えっ!? ちょっと… あっ ちょっと待って…」

「…」

「あぁ…もぉ… あっちょっと…」

「さっきのお返しです。(笑)」

「いやんっ… あ゙ぁ… いじわる…」

「…」

 

電気を消していな室内なので、まみさんの陰部がはっきり見えます。ちょっと黒ずんでいてビラビラがもたれかかったような形をしたオマンコ…。この陰部を思いっきり両足広げて舐め回したい…。

この続きはお風呂の後にしようかなと思い、まみさんを解放。(笑)

再びまみさんの上半身へ戻っていき、キス。

 

「お風呂入りますか?」

「うん…。いじわる…」

「さっきまにさんに勃起させられちゃったから、仕返しです。(笑)」

「もぉ。」

 

部屋の明かりを消して、ベッドの間接照明だけを灯し、まみさんの膝まで下げたままのパンツのちゃんと脱がして一緒にお風呂へ。

ビジネスホテルで一緒にシャワーを浴びるって、もはやデリヘルです。もしかして、まみさんは元デリヘル嬢!?と思いましたが、聞きませんでした。(笑)

一緒にバスタブへ入り、お互いの体を洗いっこしつつ、おっぱいをもみもみ。まみさんも僕の勃起したおちんちんをしこしこしながら入念に洗っています。

 

綺麗になったかな?てかビンビンね。(笑)」

「ビンビンにしたのはまみさんですよ?(笑)」

「ふふふ。はい、後ろ向いて。」

 

まみさんは僕の背中からおしり、おしりの割れ目のなかまで入念の洗ってくれました。一通り洗い終わった後、後ろから体を密着させて抱き着くような姿勢で腕を回し、僕の勃起したおちんちんを再びシコシコ…。

 

「まみさん… イっちゃいますよ…」

「もうイっちゃゃうの?」

「あぁ… イカすつもりですか?」

「さっきのお返し。(笑)」

 

まみさんの一定リズムで動くまみさんの右手…。そして左手は睾丸をモミモミ…。

やばい… イク…

 

「まみさん…イキそう…」

「出しちゃっていいわよ。」

 

シャワーの暖かさと密着したまみさんから伝わる体温、気持ちのいリズムでシコシコされる僕の勃起したおちんちん…。

僕は壁に両手をついた状態でイク体制に…

 

あっ…

 

「出ちゃった?」

「出ちゃった…。」

「ふふふ。さっきのお返しよ。(笑)」

 

バスタブに出た白い液体がシャワーで流れていきます。

まみさんはしゃがみ込んで、僕の縮んだおちんちんを丁寧に舐めてくれました。先っぽにちょんっとキスして残り汁を吸いだすようフェラしてくれたり、優しく皮を抜いてカリの内側まで丁寧に啜(すす)るように舐めてくれました。

 

「はい。OK。」

「ありがとうございます。」

「ふふふ。今度はベッドでオイルマッサージね。」

「はい。(笑) お金請求したりしませんよね?」

「どうしようかな。(笑) ご馳走してくれたし、今回はサービスしてあげる」

「あ、ありがとうございます。」

 

こんなセフレ、最高じゃないですか!?

デリヘル以上にサービス精神旺盛です。しかも時間制限等ありません。。

 

「じゃ、うつ伏せになってねてくださーい。」

「あ、はい。プレイ開始ですね。(笑)」

「いかがわしくないマッサージです。(笑)」

 

すっぽんぽんでベッドに横たわると、すっぽんぽんのまみさんが僕のお尻の上にまたいで腰から背中にかけてマッサージしてくれます。

 

「オイルつけますね。」

「あ、はい。」

「まみさん、また勃起してきそうです…。」

「え!? 出したばっかりなのに。(笑) 若いのね。」

 

さっきお風呂場で抜いてもらわなかったら、うつ伏せになれなかったかも…。

 

「はーい。では、片足を広げますねー。」

「あ、あぁ… これお店でやるんですか!?」

「そうよ。やってる。(笑)」

「これ勃起しない人いませんよね!?」

「ふふふ。さぁどうだろう。(笑)」

 

僕の背中に覆いかぶさるように密着しつつ、腕を股に通して内ももの付け根を思いっきち揉みほぐされてます…。

 

「え!それも!?」

「これは特別サービス。(笑)」

 

うつ伏せの僕の股から腕を入れておちんちんをヌルヌルのオイルでシコシコ…。やばい…。てか、まみさん、手コキのテクニシャン!?

 

「はーい、じゃあ四つん這いになってくださーい。」

「え?恥ずかしい…。穴まで攻める感じですか?」

「攻めて欲しいならサービスしちゃおっかな。」

「あ…」

 

四つん這いになって宙ぶらりんになった僕の睾丸をモミモミしながら、肛門にオイルを塗りたくって穴を責め立てるまみさん…。

思わず腰が引いてしまいます。

 

「こっちのプレイは好き?」

「え!? ダメです…未経験です…」

「あら…(笑)」

 

まみさんに遊ばれてます。(笑)

勃起したおちんちんをシコシコしながら、ヌルヌルの親指で僕の肛門をクニョクニョ…。

初めての聖域!でもちょっと怖い…。

 

「はーい、次は仰向けになってくださーい。」

「あ、はい。」

「ふふふ。もうおっきくなっちゃったのね。(笑)」

「あ…」

 

まみさんは素股の体勢で僕に乗っかり、おっぱいを僕の体に擦り付けながら脇の下から二の腕をモミモミ…。

 

「スペシャルマッサージする?」

「え?素股?」

「ううん。もっと気持ちいと思う。」

「なにするんですか?」

「ううん。する?しない?」

「じゃあ、お願いします….」

 

そうすると、僕の開いた両足の間に座り、オイルを垂らして僕の勃起したおちんちんを両手でに握り、クチョクチョし始めました。

 

あっ…

 

やばい。気持ちい。お世辞抜きで気持ちい…。

僕はあまり手コキって好きじゃないタイプですが、まみさんの手コキはめちゃめちゃ気持ちい。下半身がどっか別の世界に浸っている感覚…。

 

「まみさん、やばい…」

「気持ちい?」

「こんな快感初めてです…」

「ふふふ。嬉しい。」

 

何がどうなっているのかわかりませんが、両手でクチョクチョしたり、綱引きみたいに引っ張ったり!? してるぞ??

まじか…これが手コキってやつなのか…。

間違いありません。まみさん、プロです。

このままだと、また手コキでイッちゃいそう…。

 

「まみさん、挿れたいです。」

「ふふふ。もう我慢できない?」

「はい…。またイッちゃいそうです。」

 

ベッド上に置いておいたコンドームをまみさんに渡すと、ヌルヌルの手コキをしながら装着してくれました。

慣れてる…。やっぱりプロだ。

 

「そのまま上にのって欲しい…」

「うん。」

 

まみさんは片手で僕のおちんちんを握り、自分のオマンコへ差し込みました。

 

あ゛ぁっ んぁ

 

抱き合うように僕の胸によりかかるまみさんのお尻を両手でグッと開いて膣の奥まで挿入し直します。

まみさんは、口を半開きにして顔を歪め、挿入してくる感触を味わっているかのようです。

 

あぅ.. あっ… あ゛ぁっ

あはぁっ んぁ…

うぁ…あっ

 

僕の股間に自分の股間を擦り付けるように前後に動くまみさん。僕は股間部分のクリトリスに親指を当て、腰の動きに合わせて刺激を咥えました。

 

あはぁっ んぁ…

うぁん…

あぅ.. あっ… あ゛ぁっ

 

徐々に喘ぎ声が大きくなり、それと同時に股間を擦り付ける速度が速くなります。まみさんがイこうとしている…と思い、ムダに動いて邪魔しない様に、クリトリスに押し付けた親指だけに全神経を集中…。

 

あ゛ぁっ..あっ…

 

喘ぎ声が止まると同時に、ラストスパートのような腰振りをするまみさん。

 

あ゛ぁっ

あ゛ぁーーーっ!

 

ラストスパートでゴールを切ったかのように、まみさんから大きなため息のような喘ぎ声が漏れて、腰振りの動きが止まり、僕にもたれかかって痙攣し始めました。

イッたようです。

まみさんをの痙攣が収まるのを待たずに、仰向けにして正常位で挿入。

意識が飛んじゃっている様な顔をしているまみさんにキスをしながら、ゆっくりと腰を振り続けました…。

 

 

朝までに、3回イっちゃいました。(4回イッたことはありません笑)

その間にまみさんは少なくても5回くらい?はイったのかな。たぶん。

まじで濃厚な夜を過ごしました。

もし、僕お客さんだったら、リピートします。(笑)

今後、まみさんの働くメンズエステに行く約束をしました。

 

え?まさか勧誘目的でPCMAXでお客さんゲットしてるのかな!?

まぁそれでも全然良いくらい。むしろタダでエッチさせてもらうには申し訳ないくらいのサービスでした。

≫【無料】PCMAXで熟女を検索してみる
※18歳未満はご利用できません。

【プロフィール検索】PCMAXでセフレに出会うには”コツ”がある

PCMAXに限らず、マッチングアプリで女性を探す時は「プロフィール検索」を使ってください。

マッチングアプリを利用する目的は「エッチしたい!」「セフレを作りたい!」ってことですよね??

それなら騙されたと思って以下の条件で検索してみてください。

PCMAXでセフレを作るための検索条件

  • 年齢:35歳~50歳
  • 自己PRあり
  • 利用目的:「メッセージ交換」「友達・遊び相手」「何となく」「趣味友達」
  • 検索順:ログイン順 (24時間以内の女性にのみ✉)
  • パートナー:既婚

このあたりの検索条件はマストです。
※利用目的にアダルト項目は入れないでOK!

でもこの条件だと大人の関係を希望しているかはわからないよ?
プロフィールで堂々とセフレ募集しているのは業者です。一般女性はそんなことしません。でも、既婚女性で頻繁にログインしていれば、積極的に出会いを探している(セフレにできる)と考えてOKです。

こうした条件でみつけたのが、44歳のまみさん(仮名)。

まみさんのプロフィールはこんな感じです。

Web版

※セフレや、体の関係重視は望んでいません!

とありましたが、初デートでエッチしました。(笑)

たまに、プロフィールに「日記活動のみ」「出会いは求めていません」と書かれている女性を見かけますが、僕の経験上、こうした女性はエッチOKです。

というのも、もし不倫バレしたり、知り合いに見つかった時に「暇つぶしに日記書いてるだけ」という言い訳をするための対策です。

今回出会ったまみさんも、まさにそんな感じでした。

とはいえ、夫婦関係は完全に冷めているので、もしバレたとしても何も言われないし知らないふりをするだろう、とのことでしたけど。。

35歳の人妻と夜な夜なメールエッチした結果…
【メール公開】ワクワクメールで知り合った35歳人妻がエロいので報告します!
【メール公開】ワクワクメールで知り合った35歳人妻がエロいので報告します! ワクワクメールで知り合った35歳人妻とメル友になれた。 夜な夜なメールエッチする関係に発展。 人妻の方からずーー...

※人妻に恋してしまいました…