PC MAX

【PCMAXで初体験】セフレになった42歳熟女と車内フェ〇からの展望台セックス

PCMAXで熟女をセフレにすると普通のデートができなくなる?!
熟女をセフレにしてみたいと思いませんか?? 熟女とのセックスって普通に楽しいし刺激的です。なんでだろう。。

セックスするだけの関係と思われがちなセフレですが、実際はそんなことありません。

友達以上、恋人以上の関係かも。(笑)

セフレを知人に紹介するってことはないので、この関係は2人だけしか知りません。そういう意味でも恋人以上と思えるかも。

ただ、セックスは存分に楽しみます

彼女には言い難いセックスだって、セフレとならやりやすい。車内エッチとか野外セックスとか。(笑)

しかも、熟女は快く積極的に受け入れます。

 

PCMAXの日記をきっかけに仲良くなった42歳の早苗さんと初野外エッチ体験をしました。

早苗さんとは日記友達から始まり、初デートでお泊りしてセフレになった関係です。

セフレを作りたいなら日記を書いて!!
【42歳のセフレ】PCMAXで日記を書けば即日セックスできる理由を教えます
【体験談あり】PCMAXの日記を使えば即日セックスできる理由を教えます。『熟女』と『セックス』したいなら昼間にイオンモールでお買い物する奥様をナンパしてみるか、昼間に1人カラオケしているおばさんを誘ってみる!...

 

マッチングアプリを使っていると、定期的に新規の熟女様との出会いがあるため、1人のセフレとめっちゃ頻繁に会うってことがほとんどありません。月に1回、多くても2回くらいです。

20代の若い女性を狙うとどうなるかわかりませんが、マッチングアプリで40歳前後(or以上)の熟女を狙っていると、驚くほど簡単に出会えちゃいます。

つまり、セックスできます。

これ、まじです。

セックスしたいなら熟女好きになった方が出会いが豊富です!

さて、最近しばらく早苗さんとご無沙汰していましたが、久しぶりにLINEすると、エッチな下着姿のおかずを提供されました。(笑)

 

2か月ぶりくらいのLINEだったのですが、こんなエッチな返信をくれる早苗さんに感謝です。

普通の彼女だったら2か月も連絡しないとかありえないし、そんなに音信不通だと別れちゃいますよね。

でも、セフレは違う。特に熟女は。(笑)

早苗さんのエッチな自撮り写真で興奮したのですぐにデートに誘いました!!

【PCMAXで初体験】セフレになった42歳熟女と初めての野外セックス

久しぶりの早苗さんとのデート。というか、お昼のデートは初めてです!!

早苗さんとはこれまでも何度か会っていますが、いつも「飲みデート→ラブホ(お泊り)」のコースだったため、今回はお昼間のデートに誘ってみました。

今日のプランはちょっと遠出して、郊外の展望台がある自然公園までドライブデート。その後はやっぱりホテルエッチ。

のはずが、、初の野外セックスしちゃいました。(笑)

健全なデートのはずだったのに…。

やっぱり、セフレとは普通のデートではなく、破廉恥なことをしたくなっちゃいます。これがセフレのいいところかも!? もしくは熟女だからかな。(笑)

結論、熟女のセフレが一番いい!!ってことですね

≫【無料】PCMAXで熟女を検索してみる
※18歳未満はご利用できません。

PCMAXで出会える熟女はエロい!? 恋人にお願いできないことも叶えてくれるセフレ

早苗さんとはいい感じの関係を続けていますが、自宅の場所はわかりません。(笑)

結婚はしていないけど、たぶんバツイチじゃないのかな?と思います。もしかしたらお子さんもいるかも??

まぁ、プライベートなところはあまり踏み込み過ぎないようにほどよい距離感を保っているからセフレ関係も途切れることなく上手くいっているかも。

 

セフレって付き合っているわけじゃないから別れることもないよね?だったらマッチングアプリを続けていると永遠にセフレは増えるってこと?
そんなこともないですよ。ワンナイトラブもも多いです。定期的に会う関係になっても、時間が経つと自然消滅的な感じで会わなくなったり、LINE既読スルー or 既読つかなくなるってこともありますから。(笑)

 

さて、明るい時間帯に早苗さんに会うのは初めてです(朝に別れることはありましたけど)。

早苗さんを迎えるために、指定された駅まで迎えに行くと、すでに早苗さんが出口横で待っていました。

 

「ひさしぶり~。元気してた?」

「はい。早苗さんも元気そうですね。」

「私は元気よ~」

 

といって助手席に乗り込み、軽くハグ。

 

「今日はどこにつれていってくれるの?」

「ちょっと遠出のドライブしようなって思って。たまには健全なデートを。(笑)」

「ふふふ。じゃあ今日はセックスなしなのかぁ、残念。(笑)」

「え?そんなことないです。やる気満々です。」

「どうしようかな。(笑)」

「ちなみに今日のパンツは何色ですか?」

「上下お揃い、ほらっ」

 

早苗さんが胸元を広げてブラジャーを一瞬見せてくれました。

 

「ちょっと、早すぎて見えません。」

「ダメ!運転に集中しなさい。」

「気になって逆に集中できないんですけど!?」

「あっ やだっ エッチ!(笑)」

 

早苗さんの膝上の短い丈のスカートの中に手を伸ばしました。

 

「ちょっと、下履いてなかったらどうするつもり!?」

「え!?」

「いやん、冗談。(笑)」

「早苗さんならやりかねないな…。」

 

そんな感じでイチャイチャしながらの楽しいドライブ。早苗さんが助手席でオナニーし始めないかなぁとAVみたいなことを期待していましたが、さすがにそこまで変態ではなかったようです。(笑)

ドライブを始めて50分くらい。途中でスタバのドライブスルーで僕はカフェラテ、早苗さんは魔法の呪文のような飲み物を注文しました。

 

「そろそろ着くかな~」

「まさか山に置き去りにとかしないわよね?(笑)」

「言うこと聞かなかったらその可能性あり。」

「なんでもします!言うこと聞きますー!ご主人様~!」

 

よくわからない設定の会話をしつつ、郊外にある自然公園?にやってきました。ここには展望台も会って、健全なデートには最適です。

しかも、そんなに人も多くないはずなので、不倫デートなどもにいいかも。

 

「到着ですー」

「意外と早かった。」

「でも1時間くらいたってますよ?」

「あ、そお? ちょっと待って、○×○×フラペチーノがまだ残ってる。」

「あ、はい。ちょっと休憩してからお散歩しましょう。」

 

リクライニングを軽く倒し、早苗さんの手を握ってしばし談笑…。

 

「で、早苗さんのパンツは何色ですか?」

「ふふふ。秘密。サクタロウくんの見せてよ。」

「いいですけど、見るだけですか?」

「きゃー!(笑) 何されたいの??」

 

早苗さんの顔が僕に近づいてきてそのままキス。それと同時に僕の股間をスリスリし始めました。

 

「久々のキスね。」

「はい…。」

「ねぇ、硬い…。」

「あぁ…早苗さん…舐めて欲しい。」

「え?(笑) 誰かに見られちゃうかもよ?」

「人少ないし、見られても怒られるわけじゃないし…」

「じゃ、スタバご馳走してくれたお礼ね。」

 

早苗さんは悪戯する子供のような顔をして、助手席に正座するように座り直し、僕のズボンのチャックを下ろし、硬くなり始めたおちんちんを取り出しました。

 

「ねぇ、周り誰かこないか見張っててね。」

「はい…。」

 

 

(早苗さんフェラ中…)

 

 

「なんか、めっちゃドキドキする。(笑)」

「ヤバい…早苗さん気持ちい…」

 

 

(早苗さんフェラ中…)

 

 

「写真撮ったら怒ります?」

「うん。だめ。」

「早苗さんのパンツ見えそう…」

「ねえ、イかしちゃっていいの?」

「挿れちゃいます?」

「うん..でも狭いし誰かに見られるのは怖いな。」

「早苗さんの口の中に出したら怒ります?」

「サクタロウ君のカフェラテで口洗うから大丈夫。(笑)」

 

そのまま早苗さんの口の中で射精…。

射精後は丁寧にお掃除フェラをしてもらい、ウェットティッシュで綺麗にしてくれました。

 

「出し切っちゃった?」

「はい。ありがとうございます…。」

「言うこと聞かないと、山に置いてかれちゃうから。(笑)」

 

さて、すがすがしい気持ちでお散歩デートスタート。

駐車場から抜けていくと、山の上の公園?原っぱ?が広がり、その奥に展望台があります。

しかしまぁまぁの距離…。

 

「あそこの展望台まで登りましょう。」

「あ、はい。ヒールじゃなくてよかった。(笑)」

「あんまり人いないですね。」

「そうね。こんなに気持ちいのに。」

 

だだっ広い原っぱでは親子連れがキャッチボールをしています。

僕たちはその周りの遊歩道を抜けて大回りするように展望台へ。

 

「ピクニックとかしても気持ちよさそうね。」

「そうですね。早苗さん、サンドイッチつくれますか?」

「え?バカにしてる?(笑) 結構料理上手いのよ。」

「お!今度手料理をご馳走してもらお!」

「ふふふ。いつかね~。」

 

5~10分くらいで展望台に到着。

展望台はちょっと小高い丘の上に3階建ての無機質な構造になっています(伝わるかな?)。

 

「上に登ったら気持ちよさそうだなぁ。」

「よし、もうひと頑張りです。」

「はい!」

「疲れてますか?おんぶします?」

「うん

 

さっき気持ちよくしてもらったし、これくらいは頑張らないと!っと思い張り聞いて早苗さんをおんぶ。

重い…というより、熟女をおんぶしていることに興奮しています。この体勢を後ろから見るとかなりエロいはず…。

膝上丈の短いスカートで僕におんぶされているため、早苗さんの太ももをがっつり触れることが嬉しい。(笑)

 

「早苗さんの太もも気持ちい…。」

「いやん、たぶん後ろから見たらやばい体勢だと思う。(笑)」

 

そのまま3階に到着!

 

「お疲れ様~。」

「早苗さんの太もも触り過ぎて勃起地ちゃった。(笑)」

「あはは。ばかね~(笑)」

 

遠くに海が見えて、先ほど原っぱで野球をしていた親子が小さく見えます。

手すりに寄りかかり遠くの海を眺める早苗さんを後ろから抱き着くようにくっつきました。

2人でたそがれつつ、徐々にイチャイチャモードに…。

早苗さんが首をひねってキスをせがみ、僕は早苗さんのおっぱいを揉み始め…。

 

「ここでしちゃう?」

「うん。したい。」

 

後ろから抱き着いたまま、僕の手は早苗さんのスカートの中へ。

体を持ち上げるように早苗さんの股間を握り、すでに勃起したぼっくの下半身をお尻に押し当てています。

早苗さんは僕の動きに合わせるようにお尻を動かしながら僕にキスをせがんでいます。

後ろを振り向きながらの早苗さんにキスをしながら、僕の手はパンツの中へ。そして陰部の割れ目に指を押し込み、その奥にあるのヌルっと暖かい体内に到達。

膣の入り口部分からクリトリスにかけて中指を上下にこすり透けるように動かすと、早苗さんの顔がゆがみ始めました。

 

あっ… はぁっ んっ

ふぁあっ…

 

早苗さんの手が僕の下半身を握り出しました。

それに応えるように、先ほどよりも激しく、ピンポイントでクリトリスに中指を押し当てます。

人が来る気配はまったくありません…。

 

「挿れていい?」

「うん。挿れて。」

 

早苗さんは両手で手すりをつかみ、軽くお尻を突き出すような体勢で僕が挿入するのを待っています。

早苗さんのスカートを腰の位置までまくり上げ、赤いパンツを横にずらして僕の勃起したおちんちんを早苗さんの中に押し込みました。

 

あぁんっ…

あっ… はぁっ んっ

あっ… あっ… うぅっ あっ…

 

早苗さんは手すりにうつ伏せるような体勢で、奥まで挿入される快感を味わっている様です。

 

「人きちゃったらどうしよう…」

「え? はぁっあっ… 来ちゃったの?」

「今のところ大丈夫です。」

「うんっ…」

 

これって青姦ってやるですよね。野外エッチ…。

気のせいか、遠くでキャッチボールをしている親子がこっちを見ている気がします。

けど、遠いし気にする必要ない。

 

「早苗さん、前向いて。」

「うん…」

 

今度は手すりに背中をもたれかけ、僕と向き合った体勢でキスを交わします。

早苗さんのスカートを腰の位置まで上げ直し、正面から挿入…。しかし、なかなか入らない…。

モタモタしているうちに、早苗さんが片足を持ち上げてくれるナイスアシスト!

そのまま挿入!

 

 

あぁんっ あぁ…

あっ… あっ… うぅっ あっ…

あはぁ…

 

 

「サクくん… イける?」

「うん…」

「あっ…」

「…」

「大丈夫?フェラしようか?」

「うん…」

 

 

なかなかイけない様子を察したのか、最後は早苗さんにフェラして抜いてもらいました。

もしくは、早苗さんの体勢がちょっときつかったのかも…。

 

「私達やばいね。(笑) ラブホにいけない高校生カップルみたい。」juk

「高校生のころ、外でセックスしてたんですか?」

「したことないの?」

「あります。(笑)」

「なんかちょっと懐かしい。(笑)」

「早苗さんにフェラしてもらってばっかですみません。」

「この後ホテルでしょ?次はお願いね。」

「あ、はい!」

 

そしてそのままラブホに向かうため、駐車場に戻りました。

原っぱ横の遊歩道を歩いているとき、キャッチボールをしている親子連れの視線を感じる気がする…。でも、別に悪いことしたわけじゃないし。

 

「見られたかな?」

「もしかしたら早苗さんの喘ぎ声が届いちゃったかも!?」

「え!? そんなにおっきかった!?」

「さぁ、どうだろう…」

「もぉ…」

 

これからは早苗さんと野外エッチをいろいろチャレンジしてみます。

次は映画館とかで…。(笑)

≫【無料】PCMAXで熟女を検索してみる
※18歳未満はご利用できません。