ハッピーメール

ハッピーメールでセフレになった43歳の奥様とノーパンで映画館デート

ハッピーメールでセフレになった43歳の奥様とノーパンで映画館デート

マッチングアプリで女性と出会うためにはちょっとした“コツ”があります。

それは、好みの女性を「プロフィール検索」から見つけるだけです。

これはPCMAX(18禁)だけでなく、どのマッチングアプリにも同じことが言えます。

「全然会えないよ!?」っと言っている人は「掲示板」を使っていませんか??

掲示板っていろんな目的別で投稿できるし、投稿されたものを見ることができるため、便利じゃんって思われがちですが、「掲示板に投稿している女性」 or「あなたが投稿した投稿からメッセージを送る女性」はほぼ業者です。

デルヘル業者、アドレス収集業者、もしくはキャッシュバッカーか援交目的のアカウントでしょう。

 

相手が20歳以上であっても援交はしない方が身のためです。身分を偽っていたり、美人局のリスクがないとは言い切れません。そんなリスクを犯すくらいならデリヘルを利用しましょう。

 

さらに言うと、40代以上の『熟女』を探しましょう。

 

あなたに質問です

Q. マッチングアプリを利用する目的は何ですか??

  • セックスする女性を見つけたい。
    → 40代以上の女性を狙いましょう。
  • 彼女を作りたい。
    → ペアーズを利用しましょう。
  • 若い子とセックスがしたい。
    → デリヘルを利用しましょう。

 

はい、以上です。

さて、今回のデートは43歳の奥様、ゆうさんです。

これで会うのは2回目になり、1度目の時のデートで白昼堂々とお持ち帰りして、即日セックスしたことからセフレ関係が始まりました。

ハッピーメールは人妻が多い!? 婚外活動中の人妻をお持ち帰り&即日セックス
ハッピーメールで出会った婚外活動中の43歳人妻をお持ち帰り&即日セックス「初デートは何しますか?」っとちょっと意味深な質問をすると、人妻さんから「何でもしたい」っとの回答!なんでもしたい…って。(笑)初デートは午前10時の待ち合わせ。デートプランは、駅で待ち合わせをして、そのまま地下鉄で僕の自宅最寄り駅へ行き、お部屋でいちゃいちゃです。つまり、即日セックス。しかも事前に承諾済み!...

ゆうさんは僕と不倫をしてしまっていますが、セックスについては経験人数が少ない清純な奥様です(淫乱熟女ではありません)。

控えめながらにご奉仕はしっかりタイプの優しい奥様です(そこがとっても可愛い)。

ゆうさんは、結婚15年目でこれまで浮気などしたことはなかったようですが、結婚当初からセックスレス状態が続いており、マッチングアプリに興味を持つようになったようです。

ゆうさんとの出会いは『ハッピーメール』でした。

≫【無料】ハッピーメールで熟女を検索する 
※18歳未満はご利用できません。

ハッピーメールでセフレ関係になった43歳の奥様はパンツを履かいていない!?

初めてのデート(というかエッチ)からはちょくちょくカカオでメールのやり取りを続けていますが、ほとんど下ネタで卑猥な内容ばかりです。(笑)

たまに乳首の写メをお願いすると、その場で写真を撮って送ってきてくれたりもします。

どんどんエスカレートするゆうさんにちょっとビビり始めていますが、僕も一緒にハメを外しちゃっています。

そんな中で、今度は映画館デートをする約束をしていました。

ハッピーメールで知り合った人妻と映画館デートでエッチ

映画を見る目的ではなく、映画館で卑猥なことをしてみようという趣旨のデートです。(笑)

そして、ついにその日がやってきました。

43歳の奥様とイオ〇モールの映画館で…

メールではノーパンをリクエストしていましたが、本当に履いて来ないかどうかそれだけでも楽しみです。

駅の改札口に先に到着して待っていると、膝丈ほどのスカート姿のゆうさんが登場しました。

リクエスト通りスカートを履いてきています。

メールでやりとりしたシチュエーションを楽しみましょうというゆうさんの意気込みが感じられます。

そうであればもちろんスカートの下は何も履いてないはず。

それは映画館で直接確かめることにしましょう!!

 

「こんにちは。」

「こんにちは。お待たせしました。」

「いいえ、映画行きましょうか♪」

「はい。(笑)」

「スカートですね。(笑)」

「ふふふ。(笑)」

 

ゆうさんは楽しそうな恥ずかしそうな素振りです。

歩くときに僕の反対側でスカートを握っているようにも思えたので、やっぱり何も履いていないのか?という期待がこみ上げてきました。

平日の昼間の映画館はさすがに人が少なく、人気っぽいハーレクインの映画を電子パネルで予約をしたもののパラパラとしか席が埋まっていない状況でした。

その中で、僕たちは一番後ろ端の2席を確保。

お互いトイレを済ませ、上映シアターへ向かう途中、もう映画どころではない緊張感を持っていました。

自分たちの席に到着後、予告がスタートすることにはパラパラと観客が入ってきましたが、それでもパラパラと席が埋まるだけで、明るければすぐに何人がいるか数えられるほどです。

 

「そろそろはじまりますね。」

「そうね。」

 

そして、僕の右手はゆうさんのスカートの中へ。

パンツを履いていないことをしっかり確認しました。

ゆうさんは両手で顔を抑えて恥ずかしそうにしています。

 

「いつから履いていないんですか?」

「電車降りて駅のトイレで脱いだよ。(笑)」

「そうだったんですね。」

「恥ずかしいいよぉ。(笑)」

「静かにしてください。」

「はい…」

 

本編が始まり照明が落とされエッチするには良い感じのムードになってきました。

ただ、前回ゆうさんとエッチしたときに、ゆうさんはかなり感じやすい体質であることがわかったので、興奮しすぎて我を忘れてしまわれるのは困るので、ゆうさんの快楽をコントロールしながら愛撫したいと思います。

周りに誰もいない事を何度も確認し、僕はさっと席を立ってゆうさんの座席の前に膝をついてスカートをまくり上げて顔を股間に押し付けました。

 

「え!? ちょっ… あっ」

「声出さないでください。」

「でも…」

 

あっ…

んぅあん

 

ゆうさんの片ひざを持ち上げ股間を開き、陰部を口いっぱいで舐めまわし、さひさびさのゆうさんの味を確かめました。

舌を割れ目に目って中に入れる様に上下に移動させ、内側のクリトリスに到達したところでストップ…。

これ以上はエスカレートしすぎないように、何事も無かったように席に戻りました。

「ちょっとやりすぎ」って言いたげな可愛い表情で僕を上目使いで見上げるゆうさんにキスをして、何事もなかったように映画を見つつ、僕の片手は先程ぬるぬるに開いた陰部を触り始めました。

顔を僕の方に傾けながら下半身に伸びる僕の腕をそっとつかみ、狭い座席の中でもいっぱいに足を広げてクリトリスへの愛撫を受け止めています。

中指と薬指の第一関節を使ってクリトリスを撫でるように愛撫しつつ、僕は映画を見ていました。

その間、ゆうさんはあえぎ声を発することなくじわじわ押し寄せる快楽にじっと耐えています。

ゆうさんは目を閉じ口を半開きにして僕の腕を軽くつかみじっとしつつも、クリトリスへの感覚を研ぎ澄ましているかのように集中していました。

たまにゆうさんの身体が力む様子が伝わってきましたが、僕はひたすらパソコンのマウスのクリクリをスクロールし続ける様に愛撫を続けていました。

そろそろ映画が始まって40分ぐらい経過したころ、

 

「大丈夫?」

「これいつまで続く?拷問よ。」

「え?痛い?」

「ううん、声…出せない…」

「気持ちい?」

「うん…」

「じゃぁもうちょっと。」

「え?… (笑)」

 

たまに潤いを補充するために指を舐めてよだれを補充する時、クリトリスから指が離れた瞬間だけ、目を開けて一瞬我に帰ろうとするゆうさんでしたが、すぐによだれを補充された指がクリトリスに戻ってエンドレススクロール愛撫を始めるので再びどこが別の場所へ意識がいっちゃっているようでした。

1時間ほどたったくらいでしょうか。

さすがに僕も疲れてきたので、ラストスパート!?的な勢いでクリクリっとする指の動きを激してみると、、

 

あぁっ!!

 

ゆうさんからしっかりとしたあえぎ声が漏れて冷っとしましたが、映画のボリュームがかきけしてくれたようです。

ゆうさんは今までと違いきつく僕の腕をつかみ、下を向いて硬直しています。

僕はしばらくゆうさんの頭を撫でながらこっちの世界に返ってくるのを待ちます。

3分ほどしてようやく落ち着いたゆうさんはそれでも興奮気味に、

 

「こんなの初めて。だって映画館だよ。こんなところで私いっちゃってたよ。(笑)」

「気持ちよかった?」

「うん。でもトイレしたくなっちゃった。」

「トイレ行ってくる?」

「うん。」

「もしトイレ誰もいなかったら教えて。エッチしよ。」

「え?ほんとに?」

「うん。我慢できない。」

「OK. とりあえず行ってくるね。」

 

すでに僕のパンツはびちょびちょの状態になっており、勃起したり収縮したを繰り返すおちんちんを楽にさせてあげたかったのです。

すると、「今大丈夫よ。来て。」とゆうさんからラインが入ったので僕もすぐにシアター横のトイレに向かいました。

トイレ入り口にゆうさんが待っていたので、さっと一緒に入りすぐに個室のドアを閉め、何も言わずに急いでズボンを降ろしコンドームを装着する僕。

そんな僕を振り返りながらゆうさんはスカートをまくり上げてお尻を突き出して待っています。

 

はぅ…

あっ あっ あっ

 

僕は何も言わずに腰を振り、1分もしないうちに射精しました。

 

「こんなに早くてごめんなさい。」

「ううん、誰か来ちゃうと大変だから。(笑)」

「ゴム取るからちょっと待ってくださいね。」

「うん。あ、私舐めるね。」

 

ゆうさんは射精した後のフェラチオは義務だと持っているのか、いやらしさなく「拭いとくね」っというニュアンスでフェラチオして綺麗にしてくれます。

 

「行きましょうか。」

「はい。」

「ゆうさんから出て。(笑)」

「あ、そうね。(笑)」

「僕おしっこしてきてもいいですか?」

「もちろん、席で待ってるね。」

 

僕は再び男子トイレに入り用を済ませました。

トイレから出ると、入り口付近に監視カメラが設置されているのに気づいて鳥肌が立ちました…(でももうことは終わった後なので…)。

何事も無かったように席に戻り、展開のわからないままクライマックスシーンの映画を見て映画館を後にする僕たち。

監視カメラの存在に気付いた僕は映画館を出るときの係員の人の目線が気になったものの、何事もなかった様にまばらな人ゴミに紛れてさっさと出てきました。

 

「どうでした?」

「やばかったよ…。でも最後のエッチはちょっと物足りない。(笑)」

「ごめんなさい。(笑) 入り口のところに監視カメラがあったの気付いてました?」

「え?そうなの?」

「たぶん僕たちが2人で女子トイレ入ったのはきっと誰かチェックしていたはずですね。」

「大丈夫だったかな!?」

「無事に映画館から出てこれました。(笑)」

「やばいよ…。」

「たぶん高校生だったら別室に案内されて注意されたかもしれませんね。まさかこんな大人が昼間っから… (笑)」

「そうね。(笑)」

 

その後はショッピングモール内をぶらついて、ご飯を食べて解散しました。

本当はがっつりエッチしたかったんですが、そのこまでの時間の余裕がなく…。

正直なところ、こんな感じで部屋の外でエッチをしたのは初めてでしたが、想像するほどいいものではありませんね。(笑)

エッチに集中できないし、結局不完全燃焼で終わってしまいます。

やっぱり、エッチは密室ですべきです。(笑)

≫【無料】ハッピーメールで熟女を検索する 
※18歳未満はご利用できません。