ハッピーメール

【やり逃げ…】ハッピーメールでメル友になった36歳看護師とワンナイトラブした体験レポ

【やり逃げ...】ハッピーメールでメル友になった36歳看護師とワンナイトラブした体験レポ
  1. ハッピーメールでメル友になった36歳看護師が家に来た!
  2. 初対面は深夜23:00@僕の家
  3. 看護師はヤレル率が高い。今のところ100%(3/3)。

どこかで待ち合わせとか、飲みデートの後にお持ち帰りとかではなく、直で自宅訪問してくる女性ってデリヘルだけだと思っていました。(笑)

しかも、深夜に来て2回セックスして、朝方帰っていく。そしてその後会うこともないまま既読スルー…。たたのワンナイトラブな体験。

そんなワンナイトラブな彼女の職業は看護師

マッチングアプリを利用している看護師はセフレにしやすいです。つまり看護師はヤリマンが多い説は本当です。

これまでの経験がその証拠です。

今回ワンナイトラブしたお相手は、ハッピーメールで知り合った36歳看護師のミユキさん(仮名)。

とはいえ、ハッピーメールで知り合ってからすぐに自宅に来たわけではありません。

36歳看護師が自宅に来るまで

  1. ハッピーメールでメッセージ交換
    → なんだか素っ気ない印象
  2. 1週間くらいでLINE交換
    → こりゃ会えないな、と思いポイントの無駄なのでダメ元でLINE交換を持ちかけたらあっさりOK
  3. 4ヵ月くらい何もない
    → LINE交換はしたものの、会う気もなさそうな感じのやり取りが続く
    → 暇つぶしでLINEしたり、たま~にLINE電話するメル友関係
  4. LINE交換して4ヵ月後に初対面@僕の家
    → なんとなくLINEしてると、家に来る流れに…

もし、アプリで知り合って速攻ヤリに来た!!っていう話を期待している人がいればごめんなさい…。

ミユキさんとは、ハッピーメールで知り合ってから初対面&セックスするまでに4ヵ月かかっています💦

ただし、その後は既読スルーで自然消滅!?した感じなので、むしろ会うことなくメル友関係を続けていたかったなと、後悔しています…。

つまり、“やり逃げ”されました!

ハッピーメールでメル友になった36歳看護師とワンナイトラブした体験レポ

今回出会った女性は、お隣の県にお住まいの36歳看護師のミユキさん(仮名)。

こちらがミユキさんからもらった写メ↓

 

そんなに加工はされていない様子なので、普通に美人(元ギャルっぽい)。

ちなみに、ミユキさんは以下のような女性です。

年齢:36歳
職業:看護師
身長:160cm
ルックス:元ギャル系のお姉さん
性格:白黒はっきり言うタイプ
趣味:野球
その他:3人の子供がいるバツイチ

なお、3人の子を持つバツイチであることは後々に知らされました💦
※ハッピーメールのプロフには記載なし!

つまり、デートする時間はあまりなく、もしデートしても夜飲みに行くのは無理だし、お持ち帰りもできない。

「会うのは無理だな…」と思ってメル友としての関係が定着しました。

ちなみに、ミユキさんがハッピーメールを始めた理由も友達と一緒に登録して、誰が一番メッセージもらえるか勝負するため、という僕以上に不純な動機です。(笑)
普通にビッチじゃん💦

そんな感じの女性とわかっていつつも、どうせ会えないしなぁと思い暇つぶし程度のメル友だったのですが、ある日のLINEのどうでもいいやり取りの中で、

 

「お腹空いた~エビ食べたい」

「エビ天?」

「エビのパスタ。クリームかトマト煮」

「晩御飯に作ってあげますよ?」

「まじ?料理できるの?」

「人並み以上程度には。(笑)」

「食べたいーよろしくー」

「じゃ、今晩家で待ってますね。」

「まじで行くよ?」

 

ていう流れに。(笑)

その日は、ミユキさんの元旦那様が子供たちを連れて実家に泊まりに行くらしく、夜は自由だったようです。

遅い時間なら車を飛ばせば30分くらいでいけるかもってことで、あまり期待せずに家のそばの歯医者さんの住所を送りました。

でも、まじで期待していません。

夜になったら「やっぱやめとくー」って言い出す人だとわかっています。(笑)

36歳バツイチ看護師(ヤリマン!?)が自宅に来た!

「おーい。○○歯科の前まで来たよ。ちょっと出てー。」

「あ、ちょっと待っててくださいね。

 

本当に来ました。(笑)

家から20秒くらいの距離にある○○歯科の前に車が一台停まってます。

 

“コンコン”

(あ、どうも)

“ガチャッ”

「あ、初めまして。」

「はじめまして。車どこ停めればいい?」

「近くのコインパーキングに停めておきましょう。」

「うん。案内して。」

 

何度かLINE電話はしていたものの、これがミユキさんとの初対面。(笑)

写真で見たよりもギャルっぽい。大人ギャル?的なイメージかな。全然ありです。

 

「何分くらいかかりました?」

「35分?40分くらいかな。めっちゃ飛ばしてきた(笑)」

「ほんとに来ると思いませんでした。(笑)」

「来いって言ったのそっちじゃん!!」

「すみません、、ありがとうございます。ご飯食べました?」

「うん。もう食べてるよ。パスタはまた今度にしておく。」

「あ、はい。(笑)」

 

「パスタを食べたい」というのはあくまで家に来る口実で、本当の目的はやっぱりセックス!? 看護師さんは“ビッチ”“ヤリマン”だ!?

車をコインパーキングに停めて僕の家へ。

 

「初対面ですけど、僕んち来ても大丈夫ですか?」

「え?変なこと絶対しないでよ?私車で帰るんだから。」

「あ、はい。(笑)」

「私、車でまだ帰るんだから。」

 

変なこと?? ミユキさんのいう変なことのなかにはセックスは含まれていない感じです。いや、むしろセックスしにきたんだけど、と言いだしそうな感じの女性。

 

「お邪魔しまーす。一人暮らしだよね?」

「はい。1人です。彼女もいません。」

「ふーん。綺麗にしてるじゃん。掃除した?(笑)」

「もしろん、ミユキさん来るので片付けましたよ。」

「えらいえらい。ソファ座っていい?」

「どうぞ。ソファでもベッドでもお好きに使ってください。」

「はーい。」

 

ベッドという言葉をひっかけたつもりが、完全スルーされました。(笑)

むしろ気にも留めていないだけ?

LINEのやりとりと同じように、ミユキさんの会話はややぶっきらぼうで冷たい感じ。でも初対面の反応とか距離感を見る限り、“生理的に無理”とは思われていないっぽいし、これが素なのかな。

とりあえず、コップにお茶を注いで、ミユキさんの隣に座りました。

 

「なんか、生活感がないね、この部屋。」

「そうですね。あんまり物がないだけなか?」

「女受け良さそうな部屋だね(笑)」

「合格ですか?(笑)」

「ふふふ。まぁまぁ。」

 

シチュエーション的にセックスしに来たことは間違いないはずなのに、全然色っぽい雰囲気も出さないし、どう近づけばいいのかわからず、ムズムズしてると、、

 

「マッサージ得意って言ってたよね?肩もんでよ~(笑)」

 

めっちゃ微妙に言葉のトーンがあがった、ちょっと甘えた声?いや、勘違いかな。「座ってないでご奉仕しろや、ガキ!こっちは遠方からきてやったんだぞ!」っていうニュアンス出会ったのかもしれません。(笑)

 

「はい。肩触っていいんですか?(笑)」

「え?いいよ。肩だけね(笑)」

 

いや、肩だけではすみません。お家デートで自然にセックスする流れに持ってく王道的なパターンです。むしろ、肩もみしてセックスNGってことなどない。
※もしくはマッサージがめっちゃ下手くそだったとか。

ソファの背もたれとミユキさんの間に挟まれるによう座り、ミユキさんがついつい唸(うな)ってしまうくらいの肩もみをご奉仕します。

 

ゔっ… ゔっ… ゔっ…

あぁ… ゔっ…

 

肩もみの手の動きに合わせて唸り始めるミユキさん。

徐々に服の襟の中に手を入れて、生肌を直でモミモミ。

出会って1時間?もたたないくらいですが、すでに僕の股間はミユキさんのお尻に密着状態だし、勃起してるしたぶんミユキさんにもバレている気もする…。

 

「期待以上だわ。ほんとに上手と思わなかった。」

「ありがとうございます。ミユキさんの肩、ツボが分かりやすいから揉みやすい。」

「一家に一台欲しいな。」

「お持ち帰りします?」

「うん。」

「腰も揉みますか?」

「うん。お願い。」

 

背中からミユキさんの服の中へ手を入れて、生肌を堪能。

両手の親指で背骨周りの筋肉をギューッと力強く押す感じ。

 

あ゛ぁ…

 

ミユキさんは両手で僕の膝を掴んで、反り腰状態で僕の指圧を受けています。

背面座位(手懸け)の姿勢だし、ミユキさん唸ってるし、普通にエロい。

ただ今、僕とミユキさんはこんな感じのイメージ↓

引用元:【ラブコスメ公式ラブグッズアドバイザー】
※YouTubeのサイトで動画が再生されます。

一通り背中をマッサージし終えたころに、そっとブラジャーのホックを外してみる。それと同時にブラジャーの中に両手を滑り込ませておっぱいにを揉む。

 

ん…

 

ミユキさんは何も言わずに力を抜いて僕に寄りかかってきました。つまりOKってこと。

お世辞にも大きいとは言えないおっぱいをそっと持ち上げるようにモミほぐしながら、親指と人差し指で乳首をコリコリ。

小さく唸(うな)るミユキさんの耳たぶを後ろから加えたり、うなじにキスをしたり。

徐々に固くなってくミユキさんの乳首と僕のおちんちん。むしろ乳首が固くなる前から僕のおちんちんはフル勃起していました…。

深く長い溜息のような吐息をもらし始めるミユキさん。

僕の右手はおっぱいからお腹を伝って股間部分へ移動し始めています。それを受け入れるように足を軽く開くミユキさん。

Gパンが固い…。

Gパンのボタンをチャックを下して、右手をその中へ。

ミユキさんのパンツの上から股間を優しくわしづかみするように手の平全体で圧をかけます。

 

「ねぇ、肩だけって言ったよね…」

「え?肩のマッサージは終わりましたよ?」

「そうだけど…」

 

すでに乳首で感じまくっている様子で、ミユキさんの腰はクネクネ動き始めています。

Gパンの中に滑り込ませた右手を、今後はパンツの中へ…。

なんと、ミユキさんはパイパン!!

そのまま中指を陰部の割れ目に差し込み、クリトリスを探します。

すでに潤っている陰部の感触。

まだ出会って1時間20分くらい?の女性の陰部に中指を入れ、クリトリス久を刺激しているって、ちょっと非現実的で興奮しません?

 

「ちょっと待って。ズボン脱ぎたい…」

「はい。ベッドに移りましょ?」

 

中途半端に愛撫されるのが、嫌だった?満足できなかった?らしく、自らズボンを脱ぎ始めるミユキさん。

僕は間接照明だけを灯し、部屋の電気を消して服を脱ぎ始めました。

暗い部屋でミユキさんが服を脱ぐシルエットを眺めながら、僕はパンツだけを履いた状態で先にベッドに横になりました。

 

「なんでパンツ履いてんのよ。」

「え?あっ(笑)」

 

全裸になったミユキさんは、足元からベッドの上がってきて、そのまま僕のパンツを脱がしました。

露わになった僕の勃起したおちんちんを、当たり前かのように加え出すミユキさん。

ミユキさんの頭を撫でながら、ミユキさんのマッサージを堪能(でもそんなに上手くない…)。

 

「ちょっと、毛が邪魔」

「ごめんなさい。」

 

ミユキさんのフェラチオは“とりあえず挨拶代わり”的な行為なのか、そんなに時間をかけることもなく、そんなに気持ちい…ってこともなく、毛の文句を言いつつ僕の上半身へ這い上がってきました。

そのままキス。

あ、これが初めてのキスです。(笑)

キスの前に軽くフェラチオするという、ビッチ。

キスをしながらも、「さっきの愛撫の続きをしろよ」って言う言葉にしないミユキさんの目線を感じで、抱き合ったままクルっと回転。

ミユキさんのパイパンの股間を広げ、顔をうずめてクリトリスを舌で刺激…。

ミユキさんのクリトリスは、でかい。見つけやすいし愛撫しやすい。

まぁまぁ記憶に残るくらいの大きさかも。てか、大きさと感度って比例する?

 

あ゛ぁっ んぁ

あ゛ぁーーー!

んぁっ… ゔっ…

 

まぁまぁ大きい喘ぎ声が部屋に響きます。確実に隣に聞こえるレベル…。

ちょっと萎えそうになるくらい喘いでいるけど、40分かけて会ったこともない男性宅まで来てくれたんだから、それなりのご奉仕をしなければ!!っと思い、舌が攣りそうになるなるほどのクンニでご奉仕。

 

あぅ.. あっ… あ゛ぁっ

あはぁっ んぁ…

うぁ…あっ

 

「ちょっとまって… あぁ…ちょとっ」

 

腰をくねらせながらもだえるミユキさん。 それでも僕はクンニを止めません。

両腕で太ももをホールドしてクリトリスにマウントを取っているので、僕の舌が攣るまで止めるわけにはいきません。

 

「あぁ、だめ…いっちゃう… あぁっい、い、いっちゃう」

 

ゔっ…

 

あっ

 

喘ぎ声が止まり、ミユキさんの体はビクンッ!! ビクンッ!!と周期的な痙攣をおこしています。

それでも僕はスローペースでクリトリスをペロペロ舐め続ける…。

 

あはぁっ んぁ…

うぁん…

あぅ.. あっ… あ゛ぁっ

 

しばらくすると、再びミユキさんの喘ぎ声が大きくなり、僕の頭を掴み始めました。

 

「だめだって…あぁっ…いっちゃ…う… ゔっ…」

 

再び、痙攣が始まり、ミユキさんの体は腰が浮いたまま硬直状態に…。

さすがに舌がちょっと疲れたし、口周りがミユキさんの愛液でびちょびちょになってしまったので、お腹にキスしながら、愛液をミユキさんの体で拭い、指で陰部を刺激し始めました。

 

「ちょっとっ… 休憩とかないの!? えっ… あ゛ぁっ」

「もうちょっと…」

 

ヌルヌルに開いたおマンコへ中指と薬指を入れて、Gスポットを刺激しながら優しく愛撫しつつ、勃起したままの乳首を吸い上げるように口の中で舐め回す。

ミユキさんの体は、クリトリスは大きく、勃起した乳首も大きい。これって確実に感じやすい体ですよね。やっぱり、ビッチだ。(笑)

おそらく1時間半くらいは前戯していたと思います。

 

「コンドームつけていいですか?」

「うん。もう挿れて。前戯やりすぎ(笑)」

 

すでにぐったりして疲れてそうなミユキさん正常位で挿入。

ミユキさんのおマンコは… ゆるゆるだ。(笑)

2回戦することを考えて、制上位でイってしまおう。休憩したあとに、今度はミユキさんにいろいろしてもらおうっと考えて、射精モードに。

ミユキさんの足を抱えるように持ち上げ、膣の奥を付くように激しく腰を振り、中折れする前に射精する!!

 

あ゛ぁっ 

あっ ゔっ… うっ…

あ゛ぁっ あっ ゔっ… あっ…

 

「ミユキさん、イっていいですか?」

「うん、早くイって…」

 

そのままま正常位で射精…。

僕もミユキさんもぐったり状態。

射精後、しばらくミユキさんの体の上で放心状態になりつつ、軽くキスを交わしました。

 

「前戯長すぎ…」

「ごめんなさい… ミユキさんのクリトリスが美味しくて。

「バカじゃないの(笑)」

「ゴム外してきていいですか?

「うん。お掃除フェラとかなしね。(笑)」

「あ…(笑)

 

トイレでコンドームを取り、べちょべちょになったおちんちんを軽く洗いながら、ベッドのシーツ選択しなくちゃ…と現実的なことを考え始める。でも1時間後くらいにはまたセックスしたくなるはず。

部屋に戻り、冷たいお茶をグラスに入れてミユキさんに手渡すと、一気飲みして空のグラスをすぐに返してきました。

 

「もっと飲みます?」

「ううん。大丈夫。疲れたよ。」

「ちょっと休みますか。」

「うん。私この後また車で帰らないといけないんだけど。」

「ごめんなさい。でも、あと一回やります?」

「もういや(笑) とりあえず寝る。」

 

背中を向けて布団にくるまり寝始めるミユキさん。後ろから抱き着くように僕も布団に潜り込みました。

 

2時間くらい寝たかな?

まだ寝ているミユキさんに悪戯…。眠るミユキさんの股間に顔をうずめて、再びクリトリスを愛撫。

ミユキさんは「ゔぅー…」とうなりながら、足を広げます…。

 

 

2回戦目は30分くらいで終了。(笑)

寝ているミユキさんを犯すようなセックスでした。

その後、朝6時くらいにミユキさんを起こして、一緒にコインパーキングへ。

 

「コーヒー飲みます?」

「うん。おごってくれるの?」

「はい。」

「じゃあ、これ。」

 

コインパーキングの料金を支払い、隣の自販機で缶コーヒーを買って車に乗り込むミユキさんを見送りました。

 

「また来てくれます?」

「うん。」

 

と残して、ミユキさんは帰っていきました。

まじで、ミユキさんはヤリに来ただけでした。昨夜の12時頃にきて、朝6時過ぎに帰っていく。その間、2回セックス。

ちなみに、お金を要求されたりしてませんよ。(笑)

 

これはセフレ確定だ!! しかも深夜に家まで来てセックスして帰っていくってめっちゃ都合がいいセフレです。

しかし、その後会うことなく…。

しばらくは、今まで通りたまにLINEをしていましたが、その後、再び来てくれるようなこともなく(僕からも会いに行くこともなく)、ミユキさんとの関係はワンナイトラブで終了。

 

結論、マッチングアプリを利用している30歳を超えた看護師100%ヤレる!!

看護師はヤリマンが多いとは本当です。(← 僕の経験上)

マッチングアプリでセフレを探すなら、看護師を狙うといいかもしれませんよ。

≫【無料】ハッピーメールで看護師を検索する
※18歳未満はご利用できません。

看護師はヤリマンが多いってホント!?

看護師がエロいっというのは男性の妄想らしいです。

ただし、エロいかどうかは人によるとのこと💦

つまり、ヤリマンもいるってことですね。(笑)

看護師はヤリマン!!っとは断定できませんが、僕の経験も含めて言えば、看護師はヤリマンが多い!!ってことは本当な気がします。

さらに、ハッピーメールのようなアダルト色のマッチングアプリを利用しているってことは、セックスする相手を探してると言って間違いないです。

これに30代以上という年齢を追加すれば、100%ヤレると断言できます!!

100%セックスできる理由

  • 30歳を超えてアダルト系のマッチングアプリを利用している看護師は人妻かシングルマザーの可能性が高い。

セフレ』を探している

ちなみに、看護師って合コン多すぎですよね!?

職業柄出会いが少ないって言うけど、20代のナース達って毎週のペースで合コンしてるし、つねにキープか、それらしい男性がいる人が多いのは確か。

知り合いの看護師を見ても、彼氏が途切れない。

接客業と言うわけでもないので、他の業種と比べればちょっと破廉恥なことをしても仕事先の人間関係に影響することはないので、やっぱりヤリマン率が高くなってもおかしくはないと思います。

「合コンの数が多い」=「経験人数が多い」ことは間違いないし、やっぱり“ビッチ”“ヤリマン”な女性は多いってのはホントでしょう!!

ちなみに、ワンナイトラブした36歳の看護師は、20代の頃はお笑い芸人と合コンしまくって、その繋がりでまっちゃん(ダウンタウン)に会うのを目標にしていたようです。結局、まっちゃんには会えなかったけど、今田耕司さんにまで辿り着いたらしい。(笑)
今田耕司さんと合コンしたってすごいじゃん!!てかマジでビッチだね、その看護師さん💦

合コン慣れしてると、こんな感じで出会いまくっている(ヤリまくっている?)女性も多いと思います。。

つまり、ヤリマン』です。

PCMAXで出会った看護師の体験レポ
PCMAXを利用する看護師はセフレにしやすい!? 38歳独身ナースにお持ち帰りされた...
PCMAXを利用する看護師はセフレにしやすい!? 38歳独身ナースにお持ち帰りされた... PCMAXを利用する看護師はセックスできる! PCMAXで出会った38歳独身ナースにお持ち帰りされたぞ!? 看護...

※逆お持ち帰りされました💦